ホーム トップページへ お問い合わせ サイトマップ ワード検索 リンク集 掲示板

ウクライナの伝統卵細工ピサンカの世界

「黙示録チェルノブイリ」 ユーラシア大陸をオート三輪で横断中 ウクライナの伝統卵細工ピサンカの世界 日本におけるウクライナ月間 ウクライナにおける日本月間 ウクライナ丸かじり 日本文化週間 AU現代美術展 上方落語寄席 桑田守喜ギターリサイタル acco ピアノリサイタル

 

ご注意!!!
このサイトの誤字脱字又は仮名遣いのミスがあった場合、マウスでマークしCtrl+Enterをお押し下さい

Orphus system

アクセス出来る以下のページ:

 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sponsored by

 
 
Dreams Come True Foundation

 

 
 
 
 

広告

 
 
 
 
 
 

ヘリホリ・ディチョックの日本初個展

ピサンカの世界

2007年3月26日〜4月1日

東京・ギャラリー銀座にて

様々なデザインを、ペンのように細い線を蝋(ろう)を使って卵の殻に施し、その上から染料を重ねていく、ろうけつ染めのような技法で作られる卵細工。それがピサンカです。

ピサンカの歴史

ウクライナの伝統的な卵細工、ピサンカ。その歴史は3000年以上前にもさかのぼります。

原始の昔、宗教などが広まるよりも前、人は「太陽」を崇拝していました。ウクライナにおいて卵は、その黄身の部分が太陽のようであること、また太陽が大地の草木に命を与えるように、卵から雛が誕生するという「生命」を象徴することから「太陽」崇拝のシンボルとして使われるようになりました。この卵に当時人々は、自分の捕獲した動物の絵や、平和、太陽などの意味をもつデザインを描いていました。これがピサンカの始まりです。ピサンカは未来を象徴する占いの役割としても扱われるようになります。

その後卵に描かれる模様は発展していき、人々はその意味を託して、ピサンカを友人や家族に渡すようになりました。キリスト教が伝わると、ピサンカはイースター(復活祭)のシンボルとして使われるようになり、各家庭ではピサンカを作り、贈りあう習慣ができました。この習慣は伝統として、今だ続いています。

ピサンカアーティスト Hryhorij Dyczok
(ヘリホリ・ディチョック)

1969年、カナダ・トロント生まれ。ウクライナ移民の両親を持つことから、幼少の頃よりウクライナの伝統・文化に囲まれて育つ。伝統文化としてのピサンカを作るうち、この卵細工に「アート・芸術品」としての可能性を見つける。日本に6年の滞在の後カナダに帰国、改めてピサンカの魅力を確認し、ピサンカ作品作りに専念する。直径20センチほどのダチョウの卵を使用した作品の他、近年は小さなうずらの卵へのデザインも手がけている。伝統的なデザインはもちろんのこと、作家独自のデザインを施した作品は、そのデザインの素晴しさと精密さが高い評価を得ており、度々マスメディアに取り上げられている。現在カナダ在住。

Hryhorij Dyczok 日本初個展

受け継がれ、さらに進化するウクライナの伝統と文化、そして壮大な宇宙を感じさせるデザインの世界。カナダきってのピサンカアーティスト・ヘリホリ・ディチョックが初の個展を日本で開きます。

 

2007年3月26日〜4月1日

東京・ギャラリー銀座にて

 

個展会場詳細 

http://www.rr.iij4u.or.jp/~gallery/ (ギャラリー銀座)

お問合わせ

www.dyczokpysankaart.com  (作家ホームページ)

 

このページの上へ


便利なリンク

dyczok pysankaart homepage

ウクライナの卵細工のピサンカの世界についてのホームページです。


ギャラリー銀座

銀座マロニエ通り沿いで楽しくやっている画廊です。96年12月に開廊し、絵画をはじめとする作品を毎週展示しております。多くが、見に来ていただいた方が、ほっとするような暖かい作品です。

このページの上へ

     

ホーム ] トップページへ ]


このウェブサイトからの情報の転用は禁止されています。テキストやグラフィック等全ての情報は契約者以外の第三者が利用することが

できません。このウェブサイトについてご質問等は japan4you@ukr.net にお送りください。

Copyright © 2005-2018 Dreams Come True Foundation. No reproduction or republication without written permission.

 

   最終更新: 2018-02-24