ホーム トップページへ お問い合わせ サイトマップ ワード検索 リンク集 掲示板

ユーラシア大陸をオート三輪で横断中

ルスラナが勝利者! オレンジ革命 タブリヤのゲーム ユーロビジョン・2005 愛・地球博(EXPO 2005)のウクライナ館の案内 ウクライナ大統領来日 ウクライナ独立14周年記念日 可愛いウクライナ 協同の見通しを定義して ウクライナのラジオを聞く 元日本兵ウクライナで生存 チェルノブイリ原発事故20年 ユーラシア大陸をオート三輪で横断中

 

ご注意!!!
このサイトの誤字脱字又は仮名遣いのミスがあった場合、マウスでマークしCtrl+Enterをお押し下さい

Orphus system

アクセス出来る以下のページ:

 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sponsored by

 
 
Dreams Come True Foundation

 

 
 
 
 

広告

 
 
 
 
 
 

フランスから帰国する鹿児島の冒険家は途中ウクライナに立ちより

フランスで5年間滞在していた32才の有馬龍太郎さんは日本へ帰ろうと思い2007年5月1日、イタリア製のPiaggio三輪自動車でユーラシア大陸を横断する夢を求めてフランスから出発しました。

フランスをはじめ、イタリア、ギリシャ、アルバニア、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア、コソボ、マケドニア、ブルガリア、ローマニアを通って7月28日ウクライナに入国しました。

有馬龍太郎さん。パリにて。

キエフですばらしい9日間を過ごしました。その次の訪問国のロシアのビザは取得しておいて明日(8月7日)ウクライナ首都キエフからモスクワへ出発 しました。

ロシアはシベリアをはじめ、有馬さんの一人旅の最も困難な段階であります。ウクライナから日本への自動車移動の距離は約一万二千キロです。

シベリア大陸を単独で横断するのは簡単ではありません。ですからウクライナに滞在中、有馬さんはDreams Come True Foundationから次の段階の準備のためのサポートをもらいました。その際、Dreams Come True Foundationは有馬さんから直接メッセージをもらいました。

「私のウクライナ訪問は今回で2日目。前回は途中で、車が壊れて修理工場を探すために観光はできませんでした。

今回は色々の素朴な生活や美しい寺院で祈る姿、バザールや働く

姿を見る事ができました。夏なので劇場が閉まっていたのは残念でした。

私の自動車はイタリアのべスパの仲間、「ローマの休日」のスクーターと同じです。古い設計なのでよく壊れるし、室内には雨が入ってきます、それでも面白い型なので多くの人々が助けてくれてうれしいです。

日本への到着は9月下句を予定しています。何もトラブルがなければですが.......。」

2007年086日 月曜日

 

このページの上へ


 

ウクライナの報道の記事・ビデオニュース

 

Kievskie Vedomosti 新聞社 (2007年8月4日、ロシア語版)

 

 

 

Gazeta po Ukrainski 新聞社 (2007年8月7日、ウクライナ語版)

 

 

 

autocentre.uaニュースのビデオを見る

 

 

24チャネルニュースのビデオを見る

 

 

Novyチャネルニュースのビデオを見る

 

このページの上へ


便利なリンク

 RYUTAROU

有馬龍太郎さんのホームページ。TOP・前書きに変えて・旅人紹介・愛車紹介・日記・掲示板・リンク。

 

このページの上へ


     

ホーム ] トップページへ ]


このウェブサイトからの情報の転用は禁止されています。テキストやグラフィック等全ての情報は契約者以外の第三者が利用することが

できません。このウェブサイトについてご質問等は japan4you@ukr.net にお送りください。

Copyright © 2005-2018 Dreams Come True Foundation. No reproduction or republication without written permission.

 

   最終更新: 2018-02-24